身近な草花や、ハートで感じるスピリチュアルな話題や、詩や音楽や美術展、日常事等、徒然に記します。

雪の精?に手を引かれて。

雪のかかる木々グレー和風花右ライン

 

雪の結晶イラスト1 外出中に、雪が降り始める。

振ったり止んだりの淡雪程度であるけれど、
傘やコートは一時的にせよ、みるみる白くなる。

休日の日中のことであり、
着込んでいて、さほど寒くもなかったため、
帰りに近隣徒歩圏の範囲で、少し遠回りをして歩くことにする。

 

歩くといくつかの個人商店の前を通る。
よく行く店も有る。
よく行った店も有る。

店主が亡くなり、閉店しているところも何軒かある。
シャッターが閉まったままであったり、
あるいは建物が取り壊されて、一旦更地となり、一般住宅がすでに建っているところもある。

そういうところを見ながら歩くと、
お店をされている当時の、笑顔の挨拶が思い出されたりする。
あの人も、アア あの人も・・・・・・・・・と。

こちらに居なくなった人達のお顔、笑顔、挨拶の声、
買い物がてらの短い会話・・・・・。
去来する様々・・・・・・・・ああ人生というか。

 

グレー和風ライン1-1

 

この町に住んで18年目になる。
僅か18年で、ずいぶん人が変わっている。
亡き人、新しい人・・・・・・。

自分もいろいろあった、
いろいろなことを体験しながら、
内的に、もちろん外的にも、変化してきている。
良かったことも、そうでもない事も、振り返れば本当にいろいろ・・・・・。

けれど取りあえず、何とか平穏無事に暮らしている。

もしやこれって凄い事なのかも、
平穏無事こそ、奇跡と言うし。

 

このところ、暮らしの中が何かと騒々しく、
日々への感謝が薄らいでいたかな?と、ふと思う。

感謝とは、全てへの無条件の受容であるとも言われる。
善きこともそうでないことも、悲しみも喜びも含めて、と。
(常には出来ずとも究極的な意味では。)

善きこともそうでないことも含めて、感謝が、そして
すべてを価値判断なしに祝福さえも、が出来たら・・・・・・、

あるいは、何もかもを無条件の慈愛で包むような視点というかに、
成れ、その状態に自然体で在れたら・・・・・・・・・、

(現状では諸々無理!と思う面、多々有るけれど、)
それこそ神々というもの・・・・・・・。

けれど、そういう視点、あるいは、そういうハートに、
いつの日か成りたいものだと、

頭のほんの片隅で、希望と言うほどでもなく、
微かほのかに、思いつつ、

はらはら降る雪の中を、夕暮れまで、ただ歩き回った。
(そういう感じも、雪はめったに見られない地域の住民としては、
たまには良いもので・・・・。^^ )

 

と、これはセンチメンタルな乙女チックな散歩なのか、
はたまた徘徊なのか?

いやいやきっと、
雪の精にでも 、手を引かれて、心が彷徨ったのだろな。 ^^; 雪の結晶イラスト2

 

 

銀杏葉アイコン ~お読み下さって有難うございます。~ 
足跡代りに下記ボタンのどれかをクリックいただけますと、励みに成ります。

web拍手 by FC2

 

— © 2016年 Life綴り ~風の光・花の音~ —

関連記事

コメントは利用できません。

このブログについて

ローズ色の小花
徒然に記すMyBlogにお立ち寄り下さって、有難うございます。

 このブログについて、書き手について等、大まかですが、こちらの頁に記載しています。
 ゆっくり更新になりますが、宜しくお願い致します。

公式HP

菖蒲花写真

ハートの癒し、安らぎ、クリアリングなど、変容プロセスのサポート Harmony of irises  http://39irises.jp
☆☆ アチューメント・セッションをメインに行わせていただいています。
心に響くものがありましたら、どうぞお気軽にご訪問下さい。

アマゾン検索

どのジャンルも検索出来ますので、お気軽にご活用下さい。

Rakuten